鎌田哲雄の同友会形成コラム「陶冶(とうや)」

 

鎌田哲雄プロフィール

27歳の時に愛媛県中小企業家同友会設立のため、1985年1月に『車に布団一式』のみで大阪から来県。同年9月14日に愛媛同友会設立後、事務局長に就任、2013年4月から専務理事に就任、現在に至ります。千人以上に及ぶ経営者や企業、そして教育ならびに行政、報道機関などの地域社会と正面から向き合って、30年間愛媛同友会運動と共に歩んできました。

年度 事項
1998年 NHK松山放送局・視聴者会議委員
2000年度
(~2001年度まで)
経済産業省・中小企業総合事業団インターンシップ広域連携プロモーター
2001年度
(~2012年度まで)
松山市教育委員会・教職員研修研究委員会委員
2004年度
(~2005年度まで)
経済産業省・四国経済産業局・四国IT経営応援隊戦略委員
2008年度 愛媛県キャリア・スタート・ウィーク支援会議委員
2011年度
(~2012年度まで)
東温市中小企業振興基本条例検討委員
2012年度 松山市中小企業等実態調査事業意見聴取会員
2012年度 一般社団法人えひめ若年人材育成推進機構理事
2013年度 松山市中小企業振興基本条例検討委員
2015年度 愛媛大学法文学部非常勤講師
2015年度 愛媛大学社会共創学部設置協力会議委員
2016年度 愛媛大学社会共創学部カウンシル(評議会)委員
2016年度 中小企業家同友会全国協議会 事務局次長

 

 

横本恭弘プロフィール

横本社会保険労務士事務所 所長/愛媛同友会 総務担当理事/愛媛県社会保険労務士会 会長
1989年に愛媛同友会に入会。松山支部幹事長、経営労働委員長を歴任し、2006年から総務担当理事。会員からの「就業規則」「賃金規定」等に関する相談にも対応している。
故・鎌田哲雄専務理事とは30年近く切磋琢磨してきた、公私に渡る友人。2004年10月号の「陶冶」連載開始以降、執筆を担当してきた鎌田さんの指名を受け、136号から「陶冶」の執筆をご担当いただきます。


会報誌連載コラム「陶冶(とうや)」について

愛媛同友会会報誌の1ページ下段に連載しているコラム「陶冶」。2004年10月のスタートから、既に100回を超えています。執筆しているのは、スタート当時には事務局長だった、鎌田哲雄・専務理事。スタートの経緯や、コラムに託した想いは、コラム第100号に書かれていますので、ご参照ください。


「陶冶とは、人の性質や能力を円満に育て上げること。人間のもって生まれた素質や能力を理想的な姿にまで形成することをいいます。」(第100号より抜粋)
「陶冶」というタイトルは、事務局に勤務していた丸尾さん(旧姓・松田さん)がつけたものです。


これからも、「陶冶」と、愛媛同友会の「人物形成」にご注目ください。

最新号はこちら

VOL.156 15年前の運動方針

資料を整理していたら15年前(2003年)の運動方針が出てきました。今回はこの内容をご紹介します。

 

【運動スローガンは「社会に誇れる強い企業と同友会をつくり、豊かで元気な愛媛を創造しよう!」(横)です。

運動スローガンの考え方は、企業を取り巻く経営環境の激変に企業の多くは対応に苦慮しています。

私たち中小企業家同友会は、その激変をチャンスとして認識し勇気をもって経営者と企業の変革をすすめている中小企業家団体です。

この間の同友会活動の中でいくつかの企業が問題を解決し、課題を達成してきています。

その企業の共通項は、経営指針を社員と共につくり、社員と共に点検し、達成気運がみなぎっている。

経営者と社員が常に学び合い、自由で明るい雰囲気がある。

顧客が望んでいるものを誰よりも早く、効率よく提供している。

つまり、経営の基本を守って実践している会員企業です。至極当然のことですが、経営理念を企業の隅々にまで共有し、日々実行している企業です。

愛媛同友会では、同友会理念に基づいた経営として「三位一体の考え方=「労使見解」を学び、経営指針を確立し、社員教育を実践する活動」を提唱しています。

「三位一体の考え方」と個々の企業が蓄えている固有の経営資源(人、物、情報等)を基本に、成果・教訓をふまえ、第1に、「企業の質を高める強い企業づくり」。第2に、「企業の質向上を支援できる強い同友会づくり」。第3に、「地域社会と共に生きる企業づくり」。第4に、「顧客と共に生きる企業づくり」。第5に、「社員と共に生きる企業づくり」。第6に、「環境創造に貢献できる企業づくり」に邁進することが“社会に誇れる強い企業と同友会をつくり、豊かで元気な愛媛づくり”になると考えます。】

 

如何でしょうか?15年経過しても鮮度は失われておらず、「三位一体の考え方」を通じて、「人を大切にする企業」づくりに取り組むことが、働き方改革に適切に対応することに繋がります。

バックナンバー


ページの先頭へ戻る